建主は、マイホーム検討時に

 

大きく分けて3つの事案に行き着く。

「性能」・「コスト」・「意匠」だ。

 

ズバリ言ってしまうと、この3つを同時に叶える工務店・設計事務所・ハウスメーカーは存在しない。

魔法はかからないのだ。

 

だから、その建築会社がどういう風に家づくりを捉えているのか、

何に重きを置いているのかを見極めていくことが大事になってくるように思う。

 

 

まず、

・「性能」とは、耐震性や省エネ性能を言う。

・「コスト」とは、土地費用を含めた家づくりの総予算で考える。

・「意匠」とは、デザインの事で、視覚で感じるもの。

ただ、これはかなり奥が深くて、最後は手触りや香りなど人間の五感へ辿り着くものと思っている。

 

 

 

安藤工務店の基本姿勢は、

「性能は決して疎かにはしないけれど、意匠性や住みやすさ、技術に裏打ちされた高品質を目指すことに比重を置く会社」である。

 

だから、昨今増え続けている「家とは性能だ!」と言い切ってしまう、性能だけを標榜するような会社とは考え方が根本的に違う。

そういった会社さんの作る家を実際見てみると、「性能でしか勝負できないのかな…」とさえ思ってしまうほどだ。

 

本来、家造りとは、「住まい手が気持ち良いと思える場所」を提供することではないだろうか。

 

 

 

 

チャーチルが「歴史を勉強し、そこから学べ」という言葉を残しているが、

近代日本を勉強していると、日本は「目的」と「手段」がよく入れ替わる傾向がある。

一言で性能と言っても、冷静にバランスよく判断することが大事だ。

 

 

当然、マイホーム作りには、現実問題として最も大きい「予算」=イニシャルコストやランニングコストも考えなけえればいけないし、

「性能」で言えば、建築基準法をクリアした耐震等級1なのか、長期優良住宅も取得できる耐震等級2なのか、はたまた熊本地震でも耐えることができた耐震等級3なのか。

省エネで言えば、国が省エネ住宅として認めることのできる断熱等級4なのか、いやその上のZEHか、はたまたHEAT20のG1かG2か、いやG3か…。

 

 

 

 

具体的に安藤工務店の考えを言えば、

・「耐震等級3」

・「断熱等級4~ZEHレベル」

・「高度な技術力と意匠性」

・「動線を基本とする住み易さ」

を基本体系にすることが、クライアントを想うとき最善の選択ではないかと思っている。

 

勿論、クライアントのご予算に余裕があり、デザイン性も最高レベルが求められながら且つ、150~200万円予算追加できるのであれば省エネG1~G3は歓迎だ。

ただ、私がクライアントなら、総工費にもよるがそこまで費用を掛けない。

「G1~G3=マイホームを通しての私の人生の幸福」にはならないからだ。

 

 

 

 

この国を経済面で牽引する「TOYOTA」も、30年度に向けた政府の脱炭素の方針にNOを突きつけている。

勿論、水素エンジンに力を入れているし、省エネには賛成の方針であるのは言うまでもない。

私含めて、エコに反対な人間はいないだろう。

だから、地球規模でエコを考える「一次エネルギー」を見据えながら、「バランス良く」が大切なことだと思う。

 

 

 

 

建築家の巨匠・吉村順三が生前に言った言葉がある。

「建築に美しさを求めない意見もあるが、建築から美しさを排除するのであれば私はこの業界から去る」と。

同感だ。

25年前に木造建築の美しさに惹かれてこの世界に飛びこんだ私としては、

性能だけを標榜する家づくりには、直感的にどうしても腑に落ちないのだ。

 

 

 

 

性能は、技術者である以上、追究するのは当たり前。

でもそこだけに特化してクライアントの大切なご予算を奪わないこと。

精神性のある意匠性や、

伝統的な美、

そして世界屈指を誇る木造建築の職人の技、

そういったものをきちんとバランスよく、クライアントの大切なご予算を配分できる

そんな工務店/設計事務所であり続けたいと強く思っている。

 

それが、住まい手の幸福に繋がると信じている。

 

 

by 安藤洋介