山中伸弥教授とフランク・シナトラ

あるTV番組で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した
山中伸弥教授が出ておられました^^

TVなどで拝見する度、「なんであんなに素敵なんだろ~」といつも思っていて、
「スリムな体型だから?」
「謙虚さがにじみ出ているから?」
「爽やかだから?」
などと、色々なことを考えながら、目が釘付けになりますemoticon-0142-happy

工場を経営されていた、体の弱かった父親の薦めで、
医者の道を志したそうです。

「医者は1人1人しか助けられないから、
研究者になって一度に何人もの人を助けるんだ!」と、
研修医の時亡くなられたお父様への言い訳を作り、
逃げるように医者の道を捨て、研究者の道に入ったそうです。

研究者として、順風満帆ではなく、
七転び八起きの生き方を魅せてくれることに、男として魅力を感じるのかもしれませんemoticon-0155-flower

この番組の最後に、
ips細胞を死ぬまでに必ず臨床まで持って行って、
今苦しんでいる患者さんを救いたい
そして、
科学者として、ips細胞以外の他の現象の研究もしたい
とおっしゃられていました…
それを聞いて胸が熱くなりました…

山中教授が昔、友人とスナックでよく熱唱していたという
フランク・シナトラのマイ・ウェイ

日本の研究での恩師に「この曲はまさにおまえの歌だ」と言われた、
心に残る最高の曲だそうですemoticon-0159-music

そして今、終わりの時が近づいた

もうすぐ私の歩んできた道に幕が降りようとしている

友よ、でもこれだけははっきりと言える

決して嘘偽り無く誇りをもって

波乱に満ちた道程だったけれども

困難にもでくわしたけれども

私は一生懸命に生きてきた 自分の信ずるままに

  

後悔も少しばかりしたかもしれない

けれどそれよりももっと得るものがあった

そうだ そして私は自分の出来る限りのことをやって来た

決して何も思い残すことなどないように

自分が夢見たことや思い描いていたことを

時々思い悩みながらも けれどそれ以上に 

もっと自分の思うように信じる道を歩いてきたんだ…….