建築史家「黒田龍二」氏と、研究者「蔦原道久」氏。

 

忙しい仕事の合間を縫って、先日、以前より憧れていた建築史家の第一人者である神戸大学教授の「黒田龍二」先生に会うため、

神戸大学の工学建築学科の研究室に行って参りました。

 

 

 

 

今は退官されましたが、「流体力学」の自然科学を研究していた義父の神戸大学名誉教授の蔦原道久氏の尽力により、夢のような会談が実現しました。

 

 

黒田龍二先生は、(私がよく訪れる)奈良県「東大寺大仏殿」の中に、10数年前から建築構造の研究結果を大きく展示されていたり、

今は幻となった(奈良の大仏殿より大きかった豊臣秀吉が造ったとされる)京都の大仏殿(方広寺)の復元図をおこされています。

 

 

 

私を含め古代史好きの方なら言わずと知れたオオクニヌシが祀られている「出雲大社」。

その出雲大社の当時の姿を、その横にある県立歴史博物館に模型として5体展示されていますが、その内の1体も黒田龍二先生の作品です。

もうこれは、日本の歴史そのものです。

この造りについても、貴重なお話しを色々とお聞きすることができました。

 

 

今週の30日にNHKで放送される「歴史ヒストリア」にも、黒田龍二先生の考えられた建物が紹介されます。

事前にほんの少し教えていただきました。

 

 

今までにも黒田龍二先生は、「世界ふしぎ発見(TBS)」や、「NHKスペシャル(NHK)」など多数のメディアに建築の研究結果を紹介されている現代の「古代建築史家」の第一人者です。

 

 

きっちり2時間、独特の緊張感の中(終わってみると汗をかいていました…)、

「古代文化や古代建築」・「古代から現代に至るまでの宗教やイデオロギー」にまで(オフレコ含めて)

本当に夢のようなお話しをお聞きすることができました

 

 

 

黒田龍二先生、お忙しい中本当にありがとうございました。

 

ちなみに義父の蔦原道久氏は、神戸大学を退官された今は歴史好きが嵩じて、近い将来に歴史小説の本を出すことを目標として歴史研究に邁進しています。(自費出版などではなく本気で

それだけではなく、得意とする「流体力学」を生かして「風車」=「自然エネルギー」の実用化に向けて民間会社と組んで監修しながら頑張っております

 

「研究も商いに繋がらないと税金の無駄やで」が口癖です。

 

ものすごいバイタリティーで、私は会うといつもとんでもないパワーをもらって帰岡します

 

いつも思うのだけれど、私も人にパワーを授けられる人間になりたい…。

尊敬するかっこいい人生の先輩方に会うと、いつも「まだまだやな…」と痛感します。

 

 

by 安藤洋介