上東の家

建て主の要望が「家族の住まいとは別に、将来両親を呼んで一緒に住めるような空間がほしい」とのことであった。 そこで、(押入含め)7帖の和室を設け、渡り廊下で母屋と繋ぎ、中庭を囲む計画とした。中庭とリビングを中心に子供達がいつまでも笑っていられるように、という設計者としての想いも込められている。 リビング天井に設けた造作障子照明が、一つのポイントとなっている。
建て主から、中庭のウッドデッキで遊ぶお子様や、リビングで陽光を浴びて昼寝する犬の写真等が送られてくる度に、造り手としてこの上ない喜びを感じる。

竣工:2015年
所在地:岡山県
構造規模:木造軸組通気工法 2階建
延べ床面積:126.69㎡
設計・施工:安藤工務店
外構・造園:安藤工務店