W様邸と、弊社新社屋のゴミ箱(バッカン)の中

建築現場のゴミ箱(バッカン)の中を見れば、
そこの会社の考え方や、技術者の質が分かりますemoticon-0181-fubar

 

弊社の残材(ゴミとして捨てた材料)は、他社に比べてとにかく小さい。
なぜなら、材料を最後まで丁寧に使っているからですemoticon-0155-flower

 

 

 

 

あるどこかの現場では、まだ建前をしていないにも関わらず、大きいゴミ達で1.5㎥のゴミ箱(バッカン)は
既に埋め尽くされ、交換の時を待っています。

この「産廃処理費」も、”大切なお客様のお金”から支払われています。

当然のことながら、ユーザー様側から見れば、そんな無駄なお金の使われ方はしたくないですよね…。

 

W様邸は、建前より3週間経っていますが、バッカンの中は、
まだ半分程しかたまっていません。

先の先まで読み尽くした精度の高い「見積もり」と「材料発注」を心掛ければ、
無駄なゴミは出ません。

 

 

 

 

お客様の大切なお金で仕事をさせて頂いているという一番大切なことを、
建築に携わる者は忘れてはいけません。