事務所の目の前の方からの改修工事ご依頼

建築されて、もう50年をこえるお家ですが、
当時の棟梁のセンスが良かったのか、
元々のプロポーションが良いので、少し手を入れただけで、
もう一度息を吹き返す様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

改修工事というのは、「よく魅せるため」というより、
与えられた予算の中で、「生活レベルを元に戻す」という意味の方が
強くなってくると思います。

 

でも、安藤工務店はそれだけで終わりたくない。

 

 

 

 

クライアントに「何かを伝えられることができたら…」
そう思いながら仕事をしています。