皆様、本年も何卒宜しくお願い致します。

 

お正月は、(日頃)本を落ち着いて読むこともなかなか出来ないので、

正月前に買い込んだ20冊ほどの本を猛烈に読みあさって過ごしました。

 

 

そんな中、初詣と厄払いを兼ねて、

京都の「上賀茂神社」へ参拝して参りました。

 

 

 

 

滞在期間2日間とも、

極寒の吹雪模様でしたが(笑)、例年通り沢山の人でした。

 

 

 

職業柄?京都・奈良辺りのほとんどの建築は見て来たつもりですが、

まだまだ行きたい所は、歳を重ねるごとに、勉強する程に出てくるものなのですね。

 

 

 

私が日本で最も敬愛する建築家が「一度は見た方が良い」と、どこかの雑誌で仰っておられた「蓮華寺」に行って参りました。

 

これだけの人が集まる京都でも、「蓮華寺」に行くと数人の観光客しかいませんでしたが、

それでも私は、建築に携わる者として相当の衝撃でした。

 

 

 

 

お庭の前にある、高さを少し低く抑えられた「鴨居」、

そして、整然と一定の間隔で配置された「柱」。

 

 

 

 

 

 

お庭の足下には「苔」と「地被材」と「石」をバランスよく配置し、

1本立ちの木々なのにボリューム感があり、この広さを間延びさせず「奥深さ」を演出しています。

 

 

 

 

私にとって京都のお庭の中では、「建仁寺の潮音庭」か

 

 

 

 

この「蓮華寺のお庭」が今までで最も心に響きました。

 

 

ただ、建築越しのお庭を眺めたとき、この「蓮華寺」が圧倒的に素晴らしい。

「額縁庭園」とはまさにこの事。

 

最高レベルのお手本を見させていただきました。

 

 

 

 

年齢的にも、宿泊するのにそろそろ「俵屋」でも許されるかな(笑)と思ったのですが、

去年、造園家の荻野寿也さんが3年がかりでお庭を完成させた「京都セレスティンホテル」に宿泊しました。

 

 

 

 

月灯りのように、照明は上から木々を照らしていますね。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私が京都に滞在する時のほとんどを「京都三井ガーデンホテル別館」で宿泊しますが、

そのお庭も数年前に荻野さんが手掛けています。

 

 

 

 

 

 

百聞は一見にしかず。

一流の物や人から沢山のものをいつも頂いています。

 

 

 

「安藤工務店に」と仰って下さっている私にとって大切な方々に、

この「素晴らしさ」を、この手を通して形に変え、プレゼントしたいと思っています。

 

 

英気を養えたお正月でした。

 

 

by 安藤洋介