牛窓オリーブ園にある有名なジェラート屋「コピオ」ですが、

実は、およそ20年前の私が、20歳の弟子の時分に、兄弟弟子の力をかりながら「墨付け・刻み」をして建てたものなんです。

 

20年ぶりに、仕事で近くにくることがあったので寄ってみました。

 

 

丸太の太鼓梁が、3本ほど有ったように記憶していますが、

 

当時、怒られながら夢中で墨付けて刻んだので、全くと言って良いほど、ここでは太鼓梁の技術を覚えていない。

 

 

 

こんなきれいな景色があったのかと、20年ぶりに訪れて、気が付いた次第であるから、とにかく夢中だった。

 

 

その後、独立して、最初の丸太仕事・・。

 

末口1.5尺はあろうかという丸太を皮からむいで、一人で墨付けて刻んだ時の「丸太の八面取り」の仕事が、私の財産となっている。

 

私のほとんどの特殊技術は、基本の上にある「独学」である。

 

どの仕口が強いか、どの細工、どの継手が美しいかを、独学で、現場の汚い残材を持って帰ってよく作ったものです。

 

「研ぎもの」と一緒で、ある期間、本当に没頭して極めていったように思う。

 

 

by  安藤洋介